米へのこだわり

無農薬栽培はできない環境になりますので、使用基準にあった減農薬栽培をしております。

収穫したあとに検査ができる物は、検査受けてから出荷することで、生産履歴につながり取引先への安心を高めます。

但し検査と言っても品質がメインで表示されてることがほとんどです。細かい分析結果などは取引先(JAとかの卸)が行い、保管をしています。

播種、管理、収穫、出荷とも稲、大麦、大豆とも違いますが、それぞれの作業する時期は栽培暦を基準とし、天候にあわせて行うようにしています。モバイルツールを利用して、気象データを参考にしています。

成長過程